大掃除 ver.1

前回の日記を書いたときに考えていた記事

というか11月に入ってなんか色々余裕ができたので

あー、大掃除でもするか

って気分になって

まぁ、僕のいる業界では準備8割って言葉があるので

今回の大掃除は準備してからやろうと思う

今まではどうしてたかというと、

そもそも大掃除はしなかった

大掃除をする世間一般の空気を感じつつ

そういう世間一般の風潮が好きではなく

そんなこと言いだしたらもっと大きな話があるから

ここらで辞めとく

とにかく多数派の同調性には流されないと

さて、

まずは大掃除の認識を変えなくてはいけない

一番は大晦日に大掃除を終わらせる

っていう認識

これって結構ヤバイくらい脳に浸透してる

こんな風にだ

掃除要因は頭にタオルか三角巾巻いて

母親は御節料理とかお雑煮とか作りながら

台所や水場関係を掃除

力のある男性諸氏はタンス動かしたり

コタツどかして掃除機かけて

廊下の雑巾掛け

昼になって

一旦、雑な余りもの程度の昼ご飯を食べる

午後には棚の漫画本を読み耽ったり脱線しつつ

日が落ちるころにはハタキかけ、掃除機かけ、雑巾がけが終了

御節料理の材料が足りないから買い出しに出掛け

家族全員がサッパリした部屋で年越しそばを7時頃食べる

大晦日とばかりにコタツの上にはお菓子やらお酒が並び

とりあえず年明けとなる24時までは起きている

ってな具合だ

僕が京都に住んでいた時は結構こんな感じだった

こういう12月31日に全て片付く大掃除には罠が3つある

物理的な要因と習慣的な要因と性格的な要因がある

細かく見ればもっとあるが、話が長くなるのでこの2つを考える

物理的な要因

単純に部屋の広さ

そのままその意味で広い部屋は掃除するのに時間かかる

習慣的な要因

普段から部屋を片付けていれば片付ける箇所が少ないから

取り敢えず時間はかからない

性格的な要因

解釈によって変わるけどモノを捨てられない人やモノの多い人

モノが多いから片付けるのが大変

大分、ザックリ説明したけどつまりはこうだ

大晦日のみで大掃除を終了できる条件は

部屋が狭ければ(1Kとか)毎日片付ける癖がなくてモノが多くても達成できるだろう

部屋が広ければある程度毎日片付けておかないとまず無理だろう

また毎日ある程度片付けててもモノが多いとなんかサッパリしないだろう

今僕の部屋は3LDKでトイレが2つ、浴室、脱衣所、廊下にクローゼットが2つ

後にもっと書き出すが結構場所が多い

上手くいくだろうか?

一応計画を立てて行うが

休みは基本土日しかないし、その土日も試験があったりと

普段のちょこちょこ片付けで稼がないと失敗するな

一旦ここまで

コメント

タイトルとURLをコピーしました